FXにおけるスキャルピングの考え方

FXにおけるスキャルピングの考え方についてです。

スキャルピングは短時間で数PIPSを何度も取ろうというのが基本だと思いますが、スキャルピングといえども入るポイントはそんなに無いと思います。

スキャルピングだろうがなんだろうが結局の所はチャンスポイントでのみ入らなければいけません。

当たり前のことですが何でもない所で入ったりしているとただでさえ分からないのにさらに分からなくなり勝てなくなります。

ですのでスキャルピングでもチャンスの時がくるまで待つ事が重要な考え方です。

FX スキャルピング 考え方

「FXにおけるスキャルピングの考え方」の続きを読む…

FXにおけるローソク足の読み方

FXのローソク足の読み方についてです。

本や一般的に言われているローソク足の読み方ははっきりいって無意味です。

覚えるだけ無駄な概念なので知る必要もありません。

そもそも一般的に言われている物と読み方がまったく違うです。

FX ローソク足 読み方

本ではよく一本のローソク足についてコレはこうだ、それはこうという書き方をされていると思います。

それがすでに間違いです。

「FXにおけるローソク足の読み方」の続きを読む…

FXは感覚で勝つ物

FXは感覚です。

私はスキャルピング専門なので長時間トレードなら分かりませんが、スキャルピングは感覚だと思っています。

この感覚という誰にも教える事が出来ない物は経験と慣れだったり、チャートの動きを良くみていると養われる物だと思います。

あとスキャルピングの場合は反射神経もある程度はいるのかなと思います。

FX 感覚

「FXは感覚で勝つ物」の続きを読む…

ファンダメンタルズ分析はFXで重要

ファンダメンタルズ分析はFXトレードにおいてかなり重要な要素の1つです。

それこそコレを考えないと勝てません。

そもそもファンダメンタルズ分析とは世界情勢がどうなのかとか指標結果がどうなのかといった大きな視点で今後値動きが上向きなのか下向きなのかを分析する物です。

ファンダメンタルズ分析 FX

「ファンダメンタルズ分析はFXで重要」の続きを読む…

FXにおけるドル円の特徴

FXにおけるドル円の特徴としてはまず取引量が多い通貨ペアという事が上げられます。

為替で一番取引量が多い通貨ペアは、
ユーロ/米ドルでその次がドル/円だそうです。

日本人限定であればドル/円通過ペアが一番多いと思います。

とにかくかなり取引量が多い通貨ペアがドル円の特徴といえるでしょう。

FX ドル円 特徴

「FXにおけるドル円の特徴」の続きを読む…

FXはランダムウォーク理論で考えるべきなのか

FXはランダムウォーク理論が前提となるのかどうかという事についてです。

これはどういうものかというと過去のトレンドやデータからいくら考えても、将来の値動きを予測することは不可能であるという理論です。

つまりいくら過去のチャートを漁っても未来なんてわかんねぇから意味ねぇよという考え方ですかね。

個人的にチャートの値動きの7~8割方はランダムウォーク理論が正解だと思っています。

FX ランダムウォーム 理論

「FXはランダムウォーク理論で考えるべきなのか」の続きを読む…

FXのテクニカル指標は無意味で信憑性は無いのか

FXにおけるテクニカル指標は無意味とか信憑性は無いなんていう言葉を聞いた事はありませんか。

そもそもテクニカル指標とはボリンジャーバンドとかMACDなどの事です。

個人的にはローソク足と単純移動平均線しか使ってません。

他の小難しい指標は信じてない派です。

FX テクニカル指標 無意味 信憑性

「FXのテクニカル指標は無意味で信憑性は無いのか」の続きを読む…