FXの口座開設ができない場合とは

FX 口座 開設 できない
FXは口座開設できない場合というのがあります。

基本的にそこまで条件は厳しくないのでほとんどの人が開設出来るのですが、一体どのような場合口座を開設できないのか紹介していきます。

年齢が20歳以上じゃない

FXは金銭リスクがある媒体のため、年齢が20歳以上ではないと口座を開設することができない様になっています。

なので、年齢が20歳未満の場合は条件に該当しないため口座を開設することができないです。

まだ未成年の場合は20歳以上になるまでチャートを眺めたりして、相場をよく観察してその時が来るのを待つようにしましょう。

国内在住者ではない

日本のFX会社は日本国内の在住者であるというのを口座開設条件にしている所も多いです。

なので、日本のFX口座開設会社でFXをしようと考えているのなら日本国内在住者でなければいけません。

過去に同じ会社で口座を開設している

FX口座を開設しようとしている会社で過去に口座を開設して口座を解約してしまった場合、新規に口座を開設できない場合があります。

なので各会社の規約などを読んだり、会社に電話をしたりして確認するようにしましょう。

もしどうしても口座を開設できないというのであれば諦めて別の会社で口座開設するようにしましょう。

資金に余裕がない場合

FX 口座 開設 できない

FX会社の口座を開設する時に資金をいくらもっているかを問われる事があります。

その時に保有資産が少ない場合は口座を開設できない時があります。

基本的には資産を100万円以上もっているという事にすれば通ると思われます。

関連記事⇒FXの初心者は低資金から始める事をおすすめする

本人確認書類を提出していない

FX口座を開設するには運転免許や健康保険証などの他にマイナンバーを提出する必要があります。

なので本人証明が出来ない場合口座を開設することはできないです。

主婦・フリーター・無職・ニートでも口座は開設できる

安定した定期収入がないとFXの口座を開設できないと思われるかもしれませんがそんな事はありません。

無職でもある程度の資産があればFXの口座を開設してトレードをする事が可能です。

関連記事⇒FX口座開設の審査は無職でも問題ありません 

まとめ

上記に記載した条件をクリアすることが出来れば大抵の場合はFX口座が開設できないという事は無いと思われます。

もし開設できないというのであれば、その会社に連絡をとって問題のある部分を解決して口座開設すると良いでしょう。

基本的には成人者であればほとんどの人が口座を開設できて、楽しくFXをトレードする事が可能なので安心して口座を開設していきましょう。

>>今なら最大30,000円キャッシュバック-FX口座開設方法

PR