FXは読みと器量が大事

FXは読みが当たっても勝てる物ではありません。

FXでは読みが当たった所でポジションを持たなければ意味がありません。

実はこの読みとポジションを持つ事がすごくFXトレードにおいて重要なのです。

FX 読み

読みを当てるのと実際ポジションを持つのは雲泥の差

とあるFXトレーダーが居ると仮定します。

彼は相場が1時間足でみて何時間も一方向に下落しているのを確認しました。

そしてこのファンダメンタルとテクニカル、値動きから考えるととあるポイントで反転すると読んだとします。

結果見事読みが的中したとしましょう。

しかし彼は負けてしまいました

どういう事かというと彼は入るポジションが遅すぎたのです。

見事どこで反転するかを読んだ彼ですが、確信を持っていたわけではなく自信もなかったのです。

なぜなら1時間足でずっと下落していたわけですから、さらに下落するのではないかと思ってしまったのです。

結果彼は完全に反転してから入ってしまい、その後の値動きに振り回されて損切りをし負けてしまいました。

そしてもし彼がポジションを持たなかった場合どうなっていたかというと、「やっぱり自分の予想通りここで反転したじゃないか、入っていたら勝っていた」と言ったでしょう。

おそらくほとんどの人がこの現象を経験した事があると思います。

つまり何が言いたいのかというのと自分の読みが合っていたとしてもその読みを信じてポジションを持てる器量が無ければFXでは勝てないという事です。

yuuki

確信はいらないから読みを信じてポジションを持て

どんな勝ち組FXトレーダーも確信を持ってポジションを持っているわけではありません。

その可能性が高いかどうかで判断しています。

そして判断を誤ったとしたら損切りします。

その繰り返しです。

しかし彼らは自分の読みを信じて上手くいった場合、最高のポジションだった事が多いでしょう。

つまり自分の読みを信じ、勇気を持ってポジションを持つ事が出来るのです。

苦悩の後に解放されるポジションを持て

どこで反転するのかまたはどっちに動くの読む場合、それが正解だった時にどれだけ儲ける事が出来るのかという要素はすごく重要です。

ポジションを持つ時は常に苦悩しますが、上手くいって解放された時に最高のパフォーマンスを発揮してくれるポイントでポジションを持ちましょう

せっかく自分の読みで苦しんでポジションを持つわけですからその見返りの報酬がある程度ないとリスクに見合わないでしょう。

入る時は苦悩、上手くいったら解放され利益を伸ばす。

これがFXです。

>>今なら最大30,000円キャッシュバック-FX口座開設方法

PR